covid-19 Info

新型コロナウィルス感染拡大にかかる保護者のみなさまへのお知らせとお願い


 新型コロナウィルスの感染拡大の中保護者のみなさまにおかれましては、就労や経営環境の変化等不安な状況に直面されている方も多いのではないかと存じます。
また、医療・福祉・消防・警察・その他国民生活の安定や維持に携わるみなさまにおかれましては、ご自身の感染リスクがある中でのご就労本当にありがとうございます。

 先般、保護者のみなさまには緊急事態宣言の直後に不要不急の登園を控えて頂きたいというお願いをしたばかりではありますが、昨日はついに横浜市内の保育園でも保育士の感染が報道されるなど、すぐそこにまで危機は迫ってきております。

 今回は現場における状況を共有させていただき、保護者のみなさまには再度、就労の必要性を考慮しつつも、利用のご判断をぜひとも慎重にお願いしたく、心よりお願い申し上げます。

乳幼児や学童児の感染リスク

新型コロナウィルスについても、子どもは成人に比べて発症者数が少ない状況にありますが、小児への感染や発症時の重症化・死亡事例が複数報告されており、決して安心できない状況にあります。

保育各園・学童などの現場の状況

現在当法人が運営する施設では、新型コロナウィルス対策以前から日常的に手洗い消毒などを徹底しています。対策としては職員の検温、マスクの着用、施設の消毒なども行いながら、食事の際の子ども同士の距離感に注意をするなど対策を行ってきています。

  • ・3密(密閉・密集・密接)を完全に避けることが出来ません

    感染拡大防止には、3密を避けることが求められていますが、現場で換気を頻繁に行っても、子どもの行動の特徴から、密集や密接を避けて保育を行うことは極めて困難です。

  • ・子どもはマスクの着用が困難です

    感染防止のためマスクの着用が求められていますが、乳幼児や、また学童においても特に低学年は遊びに夢中になりマスクを外してしまうこともあります。
    マスクが着用できたとしても、マスクを頻繁に手で触るといったことも考えられます。

保育の継続と保育者の感染予防の必要性

保育園や学童保育は、社会生活を支える基盤として保育を継続しています。
特に今の状況下では、医療従事者をはじめとした社会生活を維持するうえで必要な職業に従事されているご家庭の受け入れが出来るように、しっかりと安全を確保し保育を継続していく責任があると私たちは考えています。
その責任を果たしていくためには職員の感染予防がとても重要です。職員の感染リスクをなるだけ抑えながら保育を継続するために、今必要なご家庭の受け入れが出来る最小限の体制で進めていくことが要となっています。


上記の保育現場の現状もぜひともご理解いただいたうえで、この危機を一緒に乗り越えていけるよう、利用について慎重にご判断いただけますよう心よりお願い申し上げます。

2020年4月16日
理事長 宮本早苗